吸玉療法


「今日ドキッ」で紹介された樂禅堂の吸い玉


樂禅堂の吸玉療法伝統的なガラスの吸玉を使用しています。

 吸玉はガラス玉のなかで火を燃やして真空に近い状態にして背中や痛む場所につけ筋肉を吸い上げる中国では抜罐ともよばれるポピュラーな療法です。ガラス玉をはずした後にその箇所に色がつく場合がありますがそれは血流がよくなかったり、コリや痛み、冷えなどがあると生じる反応です。

 

 


 

 

吸玉療法の効果としては次のようなものがあるとされています。

 

①血行およびリンパの流れの改善す

②デトックス(老廃物排出)を促す

③臓器の働きを高める

④代謝をあげて皮膚の状態を調整する

⑤自律神経のバランスを整える

⑥自然治癒力・免疫力を高める

 

 

 吸玉の吸引刺激は、押すよりも引く「陰圧」の方が強く、術後も心地よいものです。鍼灸も同じですが吸玉療法の後でからだがだるくなったりする場合は、血流が促進され効果が出ている状態と言えます。

 

 また吸玉と言えば背中や腰、といった施術部への赤黒い「あと」が残るのが心配・・・という方もいらっしゃると思います。樂禅堂ではその方の体調・体質に応じて吸玉の方法を変えています。

 

遠慮なくご相談ください。


吸い玉療法施術料金   

 

  ●初診時は施術前に、15~20分のカウンセリングを行います。

  ●初診料(初回のみ)

    (一般)通常2000円

    (ご紹介・カフェ割※) 通常1000円     

 

   ※カフェ割 樂禅堂カフェ部門をご利用されたことがあるお客様への割引制度です。

吸玉(すいだま)療法      3500円(30分程度)



 

 

 

 

お問合せ/ご予約

011-685-8828

raku.zen.do@gmail.com